会社設立の資本金について

会社設立の準備を進めていく段階で、資本金は非常に重要なポイントになります。
それでは資本金はどのような役割をするお金なのか、また資本金が会社設立にどのような影響を与えるのかを紹介していきます。

はじめに資本金とは端的に言うと会社の軍資金のような位置づけで、原則として会社の経費という扱いでしか使うことができません。
したがってもともと1000万円準備していたうちの500万円を資本金に充てて、残りの500万円を生活費にしている場合、もし資本金の500万円では足りなくなってしまい、生活費の500万円からお金を回すことになるとその分は経費として計上することができなくなります。
ですから資本金は会社設立の段階でいくらにするか十分に検討しておかなければなりませんし、足りなくなった分は貸し付けになってしまうためかえって損をしてしまうのです。
また逆に資本金のほうへお金をまわし過ぎてしまって自分に生活資金が足りなくなっても困りますから、自分の生活を圧迫せず、なおかつ会社運営もしっかりできる金額を設定するのがポイントです。
特に一番最初の段階ではいろいろなところにお金がかかりますし、予期せぬところにお金を使わなければならないことも十分に考えられます。
そうしたことも想定して、無理のない経営ができるようにしなければなりません。

次に資本金は会社の評価にも直結するものであり、いくら用意できているかによって周囲からの信用度も異なってきます。
これは実際にお金を貸したり取引したりする側に立ってみると分かりやすいのですが、資本金を十分に準備できているところであれば資金にも余裕があると考えられますし、何かあっても立て直せる可能性が高いと判断できます。
逆に資本金が少ないにも関わらずお金を借りに来たりするということは、状況が厳しいことを示していますから当然あまり信用度は高くありません。
つまり資本金とは会社を運営費であると同時にまわりからの評価のバロメータになるお金だと言えるでしょう。

ただ基本的に資本金をいくら用意しなければならないという決まりはなく、1円でも会社設立することはできます。
旧会社法では株式会社の会社設立する場合、最低でも1000万円の資本金を準備することが決まりでしたが、新会社法ではこの規定も廃止になっており、どのような会社の種類でも1円で設立は可能です。
とは言え現実的に考えて資本金0円でスタートするのは難しく、たとえば会社に使う備品を購入しなければならなかったり、売るものを用意するためのお金も必要になりますから、それができないとなると事実上会社として機能しません。

それでは資本金を集めるときにはどのようにすればいいのかと言うと、これには2種類の方法があります。
ひとつはデットと呼ばれる負債、もうひとつはエクイティと呼ばれる株主資本です。
前者は文字通りお金を他社から借りてそれを資本金にまわす手段で、一般的にはまず身内に頼ることがほとんどでしょう。
親族や友人・知人に会社設立することを伝え、そのプロジェクトを応援してほしいという形でお金を貸してもらいます。
身内から融資を受けるメリットは何と言っても気軽に借りられる点で、多少のことであれば融通も利くと思います。
しかしあまりにもそこに甘えすぎてしまうと大きなトラブルに発展したり、疎遠になってしまう可能性がありますから、親しき中にも礼儀ありという言葉もあるように身内だからこそお金のことはしっかりしなければなりません。

また、国民政策金融公庫(創業融資)からの融資を受けることも可能で、これは最大で1500万円までなら無担保無保証で借りれる可能性がありますから一度申請してみる価値はあるでしょう。
ただすべての事業者を対象としているわけではなく、担当者に対して事業の成功を感じてもらわなければなりません。
つまり会社設立の目的が魅力的でなければいけませんし、そもそもこれは国の経済政策の一環なので、その点を理解しておきましょう。

さらに似たようなものとして信用保証協会(制度融資)という制度もあり、こちらは最大で1000万円までの融資を受けられます。
こちらは先ほどの創業融資よりも金利が安くなっている分お得ですが、審査期間ががおよそ2カ月とやや長くなっていますし、各自治体が中心になってやっているものなので、地域によっては申請ができない場合があります。

そして最初から株主を募り、そこから資金を調達する方法もあります。
これは先ほどまで紹介した負債とは違って、返済義務の生じないお金ですからリスクは低くなります。
しかしはじめから株主を募るためにはよほど魅力的なプロジェクトでない限り難しいですし、初めて会社設立する人だとほぼ不可能に近いでしょう。
ただこれまでに会社経営の実績があって個人投資家との付き合いもある場合は可能性がありますので、交渉次第で大きな力になってくれるかもしれません。