会社設立に三重がおすすめな理由

 

会社設立を考えている方は、どこで設立するかという点がとても重要となります。
確かに日本は多くの都市があり、東京や大阪などの他にも名古屋や福岡、札幌や広島など都会を持つ地域は多々あります。
しかし、それらの場所で会社設立をする場合は、やはりそれなりにランニングコストもかかってしまいます。
土地や建物も高いですし、その他にも必要となってくる費用は多々あります。
その場合、地方で会社設立をした方がコストを削減できる場合もあるのです。
ちなみに、会社設立をするのであれば、色々な地域ごとに視野を広げ、どのような場所にするのかという点はとても重要です。
そんな中、近年注目されているのが地方の中核市規模の都会です。
政令指定都市のように大都会が広がる地域よりも、少し規模が小さいところで会社設立を行う企業も実は多くなっています。

そこで注目されているのが三重です。
三重は昔から工業地帯などで発展してきた背景があり、多くの大企業が拠点を持つエリアでもあります。
工場などが必要な場合には、やはり工業地区が広がるエリアがおすすめです。
特に日本の場合は土地が限られている島国のため、どこでも工場を建てて良いわけではありませんし、やはり流通の面などからも向いている地域というのはあります。
三重の場合は交通の要衝も多く、運搬などにも優れている特性があるのです。
また、工業地区の他にもオフィス地区や商業地区も広がり、意外にも利便性は高いです。
それらの点に注目し、近年は三重で会社設立を行うという企業もあります。
もちろん、事業のジャンルなどによっても変わってくると言えるでしょう。
しかし、三重のようにさまざまな企業が進出してきている地域だからこそ、活用できる面も強かったりするのです。

興味があるという方は、まずは会社設立をする場所をじっくりと考えてみてください。
また、近年はITの企業なども多くなっており、特段会社の場所に関しては限定されないところも多くなっています。
それなら、わざわざ大都会に拠点を広げるのではなく、新しい拠点を見つけてみてはいかがでしょうか。
近年は地方の雇用創出のために、国もさまざまな施策を行っています。
特に地方で会社設立をする場合には、さまざまな補助金や助成金を得ることも可能です。
上手に活用すれば、通常の会社設立よりも格段に良い条件で会社設立ができるかもしれません。
それらの点も加味して、三重を選択する価値は十分にあります。

会社設立手続き!千葉市の場合

 

会社設立手続きの流れを、千葉市のケースを例として挙げながら解説していきたいと思います。
基本的な手続きの流れは、どこの都道府県や市区町村でも同じになるのですが、微妙な違いもありますので、最寄りの役場に確認してみてください。

違いというのは、法人設立届出書などの、書類の提出先が違うということです。
例えば、東京23区内の場合は、都税事務所に事業開始等の申告書を提出するというルールになっていますが、東京23区以外の他の都道府県の場合だと、都道府県税事務所に法人設立届出書提出するというルールになっています。

このように、東京23区内か、それ以外の都道府県市区村町によって、書類の提出先が違うものがありますので注意が必要です。
千葉県の場合は23区外となりますので、都道府県税事務所に法人設立届出書を提出することになります。

ちなみに法人設立届出書以外の書類もあり、定款の写しと履歴事項全部証明書を合わせて提出しなければなりません。
また、これと同じものを、市区町村役場にも提出する必要があります。

これらは、会社設立の登記が終わった後に提出しなければならない書類ですが、登記をする時に提出しなくてはならない書類もあります。
その書類については、千葉県であろうが東京23区内であろうが、提出するものに変わりはありません。
公証人役場と法務局に、それぞれ必要な書類を提出するようにしてください。

ちなみに、会社設立後の提出書類には、設立してからの提出期限というのもありますので、それについて、これから説明したいと思います。
例えば、税務署に提出しなければならない法人設立届出書の場合は、会社設立が完了してから2ヶ月以内に提出する必要があります。

また、青色申告承認申請書も税務署に提出する必要のある書類ですが、こちらは会社設立から、3ヶ月以内ということになっています。
他には、従業員に支払う給与に関する書類として、給与支払い事務所等の開設届出書を、最初の給与支払日までに税務署に届け出なければなりません。

後は、先ほど説明したように、東京都23区以外、例えば千葉県の場合だと、都道府県税事務所には、法人設立届出書並びにその他に2種類の書類を、会社設立から1ヶ月以内に提出しなければなりません。
市区町村役場には、これが会社設立から2ヶ月以内ということになっています。
このように微妙な違いですが、東京23区内と、それ以外の都道府県では提出先が違い、また提出する書類もたくさんありますので、手違いの無いよう十分に確認しながら書類を準備しておくことが肝心です。

会社設立において縁起の良い日

 

会社設立をする時、縁起の良い日に設立するのが一般的となっています。日本ではそれぞれ縁起が良い日もあれば悪い日もあります。
会社設立をするのなら、そこはしっかり考えて設立するようにしてください。
実際に会社設立の資本金を集めたり、利益を出したりするためには、縁起を担ぐことも重要です。

もちろん、それだけで成功できるほど甘くはありませんが、どうせならしっかりと良い日を選んで設立するようにしてください。
まずは、どのような日が良いのかについて知っておくだけでも良いので、情報は頭に入れておいてみてください。

ここでは、主に縁起の良い日だけをまとめて紹介するので、これから会社設立を考えている方は、参考にしてみてください。
運気が上がれば、会社も軌道に乗ってくるかもしれません。
もちろん占いやスピリチュアルのような話になりますが、それでも運気はバカにできませんからね。

まず、日本で縁起が良い日と言われているのが大安です。
これは大きな安心や大きな安堵を意味しており、安定していて安心でき安泰という意味なども含んでいます。
会社を設立するには、大安がとてもおすすめだと言えるでしょう。
その他、先勝なども会社にとっては魅力が大きいです。

先に勝つという意味を持っていて、ライバルが多い日本市場はもちろん、外国市場で戦う時にも良いでしょう。
また、競争が激しい市場で先に勝つというのはとても縁起が良いものです。
こちらも会社設立にはおすすめの日だと言えるでしょう。

その他、友引などがあります。
これは良い仲間を引き寄せるという意味を持っていて、人材に恵まれることを表しています。
もちろん、意味は人によって受け取り方が違ってくるのですが、それでも会社設立には最適な日だと言えるでしょう。

さらに、日本では天赦日などがあります。
これは天が何でも赦してくれる日だと言われています。
つまり、何をしても上手くいくという意味を持っていると言えるでしょう。
その他だと、一粒万倍日などもあります。
これは良いことが立て続けに起こるという意味を持っていて、利益拡大や収益倍増にも繋がってくる意味があります。

より魅力的な会社設立にするためにも、ある程度良い日を選んで設立するのが良いかもしれません。
単なる占いやスピリチュアルの枠を超えませんが、それでも縁起を担ぐというのは古来からおこなわれてきたことです。
ぜひ、良い日を選んで設立してみてください。

適正な資本金

会社設立の際に資本金の準備は誰もが頭を悩ませる問題ですが、ここでまず考えておきたいのは「適正な資本金はいくらなのか?」という点です。
現在、会社法では特定の業種を除いて資本金の最低額を設定していませんので、実質1円でも会社設立することが可能です。
旧会社だと株式会社は最低1000万円の資本金を用意することを義務付けていましたが、今はその規定も改正されなくなっています。
したがって経営者側はいろいろな観点から適正な資本金はいくらか見極める力を求められるのです。
“適正な資本金” の続きを読む

資本金と消費税

経営者になるなら必ず覚えておかなければならないことのひとつに、いかにコストカットできるかという点があげられます。
もっとも効率的なのが税金を少なくすることで、この方法を知っているだけでも大きく節約できますから、情報収集しておきましょう。
そして会社設立後にできるもっとも大きな税金対策のひとつに、最大で2年間消費税を免除できる方法があります。
平成23年に税制が改正されたため、やや条件が厳しくなってしまいましたが、条件を満たしていれば適用されますので覚えておいて損はありません。
“資本金と消費税” の続きを読む

資本金の仕訳は誰に相談?

会社設立手続きが終わって、いよいよスタートさせるとやる気も出てきて、より一層頑張ろうという気持ちになります。
しかしひとつ忘れてはいけないのが、年に1回ある確定申告で、独立すると青色申告のための会計処理をしっかりやっておかなければなりません。
確定申告は経験がある人なら分かると思いますが、個人事業主の場合でもけっこう面倒な手続きも多く、苦労したという声もよく聞きます。
「難しくない」「簡単にできる」といった宣伝文句のもと、いろいろな関連書籍が販売されていますが、法人の場合は資本金をはじめとした会社設立費用も仕訳しなければなりませんし、そのほかにもいろいろなものが対象になります。
“資本金の仕訳は誰に相談?” の続きを読む

資本金の最低額

会社設立を検討している人のほとんどが一度は「資本金の最低額はどのくらいか?」と考えると思います。
資本金は会社運営をスムーズにしていくうえで非常に重要なお金なので、いろいろな可能性を考えて用意しなければなりませんし、集めるための手段も知っておく必要があります。
“資本金の最低額” の続きを読む