適正な資本金

会社設立の際に資本金の準備は誰もが頭を悩ませる問題ですが、ここでまず考えておきたいのは「適正な資本金はいくらなのか?」という点です。
現在、会社法では特定の業種を除いて資本金の最低額を設定していませんので、実質1円でも会社設立することが可能です。
旧会社だと株式会社は最低1000万円の資本金を用意することを義務付けていましたが、今はその規定も改正されなくなっています。
したがって経営者側はいろいろな観点から適正な資本金はいくらか見極める力を求められるのです。
“適正な資本金” の続きを読む

資本金と消費税

経営者になるなら必ず覚えておかなければならないことのひとつに、いかにコストカットできるかという点があげられます。
もっとも効率的なのが税金を少なくすることで、この方法を知っているだけでも大きく節約できますから、情報収集しておきましょう。
そして会社設立後にできるもっとも大きな税金対策のひとつに、最大で2年間消費税を免除できる方法があります。
平成23年に税制が改正されたため、やや条件が厳しくなってしまいましたが、条件を満たしていれば適用されますので覚えておいて損はありません。
“資本金と消費税” の続きを読む

資本金の仕訳は誰に相談?

会社設立手続きが終わって、いよいよスタートさせるとやる気も出てきて、より一層頑張ろうという気持ちになります。
しかしひとつ忘れてはいけないのが、年に1回ある確定申告で、独立すると青色申告のための会計処理をしっかりやっておかなければなりません。
確定申告は経験がある人なら分かると思いますが、個人事業主の場合でもけっこう面倒な手続きも多く、苦労したという声もよく聞きます。
「難しくない」「簡単にできる」といった宣伝文句のもと、いろいろな関連書籍が販売されていますが、法人の場合は資本金をはじめとした会社設立費用も仕訳しなければなりませんし、そのほかにもいろいろなものが対象になります。
“資本金の仕訳は誰に相談?” の続きを読む

資本金の最低額

会社設立を検討している人のほとんどが一度は「資本金の最低額はどのくらいか?」と考えると思います。
資本金は会社運営をスムーズにしていくうえで非常に重要なお金なので、いろいろな可能性を考えて用意しなければなりませんし、集めるための手段も知っておく必要があります。
“資本金の最低額” の続きを読む

資本金の決め方

会社設立にあたって、会社名や会社の所在地、事業内容を決めたら次は資本金をいくらに設定するのか決めます。
資本金は会社運営の基盤となる非常に重要なお金なので、曖昧に決めるのではなく、発起人たちでしっかり協議して決めてください。
それでは資本金の決め方のポイントはどんなところにあるのか、ここからはそのあたりの話をしていきたいと思います。
“資本金の決め方” の続きを読む