資本金の振込

会社設立手続きにおける資本金の振込は基本的に定款が終わった後に行われ、ここが終わるといよいよ最終段階に入ってきたと言ってもいいでしょう。
それでは資本金の振込はどのように行われるのか、ここではそのあたりの話をしたいと思います。

はじめに会社設立のための資本金は株式会社の場合、発起人になる人や株主が出し、合同会社などの場合は全員が出資者となります。
どちらを選択するにしても基本的に手続きは同じで、それほど難しく考える必要はありません。

まず会社専用の銀行口座を準備しなければなりませんが、これは一般的な銀行口座と同じもので構いません。
ひとつ注意してほしいのが必ず通帳の付いた口座を準備することで、たとえばキャッシュカードのみのインターネットバンク口座だと法人用には使えないので覚えておきましょう。
また郵便局の口座は民営化したことによってゆうちょ銀行になっていますから、現在は使用できます。

次に振込方法ですが、一番分かりやすいのは出資者全員にひとりずつ振り込んでもらうことで、これなら誰がいくら振り込んだのか一目瞭然です。
ただ出資者の数が多いと確認が大変になりますので、その場合はまとめて振り込むことも可能です。
そのときには必ず誰がいくら出資したのか分かるようにしておかなければなりません。
さらに冒頭でも少し触れましたが、会社法の規定では資本金の振込は定款の認証後となっており、順番が逆になると規定違反となります。
しかし逆になったからと言って何かペナルティがあるかと言うとそうではないみたいです。

資本金の入金が終わったら、まずは通帳記帳を行い、そのページをコピーしてください。
コピーを取るページは表紙と口座番号、名義人、入金が確認できるページで、これは今後必要になる情報ですから大切に保管しておきましょう。

このように資本金の振込はやり方自体はとても簡単なので誰でもできますが、今後に使う情報があったり、順番が決まっていたりするのでその点だけ注意してください。