資本金の仕訳は誰に相談?

会社設立手続きが終わって、いよいよスタートさせるとやる気も出てきて、より一層頑張ろうという気持ちになります。
しかしひとつ忘れてはいけないのが、年に1回ある確定申告で、独立すると青色申告のための会計処理をしっかりやっておかなければなりません。
確定申告は経験がある人なら分かると思いますが、個人事業主の場合でもけっこう面倒な手続きも多く、苦労したという声もよく聞きます。
「難しくない」「簡単にできる」といった宣伝文句のもと、いろいろな関連書籍が販売されていますが、法人の場合は資本金をはじめとした会社設立費用も仕訳しなければなりませんし、そのほかにもいろいろなものが対象になります。

資本金の仕訳は借方に「現金」、貸方に「資本金」と記入して、それぞれ金額を入れていきますが、そのほかにも会社設立にかかった費用もあると思いますので、基本だけを知っていても少し不安です。
お金に関することを相談するなら税理士が一番おすすめで、法人になるなら信頼できる税理士と顧問契約を結び、確定申告をはじめとしたややこしい手続きをしっかり担当してもらいましょう。

よくコストがかかるから自分たちでやるという人もいますが、お金に関することはちょっとしたミスが重大なトラブルに発展する可能性もありますし、故意ではなくてもそういう見られ方をする場合もあります。
したがって余計なトラブルを回避するためにも税理士のようなプロに依頼したほうが安心なのです。

おすすめなのは中小企業診断士や社会保険労務士など、会社に関わる資格を持っている税理士で、こういった人たちは会社設立から会社運営までとても詳しく知っています。
したがってスタートの段階から力になってくれますし、困ったことがあればいつでも相談できるようにしておくと心強いでしょう。
会社運営や役割分担をしっかりすることによって効率的になりますし、自身の負担を軽減することでより経営に力を注げます。