資本金の準備

会社設立にあたって資本金の準備は経営者なら誰もが大きなポイントと考える部分です。
それでは経営者はそれぞれどのようにして資本金を準備しているのでしょうか?

まずはじめに一番良いのは借り入れをしないで準備することで、これは自己資金の中から出資する、あるいは株主資本によるものが考えられます。
自己資金の場合、自分で用意したお金ですから当然返済義務もありませんし、自由に使えるので一番安全性の高いお金と言えます。

また株主資本も自社の株式を買ってくれることによって、そのお金の使い道を経営者にゆだねているわけですから、返済義務はありません。
ただし株主資本は株式会社のみが使える資本金の集め方で、合同会社などその他の形態の会社は株式を公開することができないのでできません。
さらに会社の信用という点ではいくら経営を委ねられているとは言え、結果が出ないと株主も出資している意味がありませんから、当然その説明を求めてくるでしょう。
したがって株主資本にはそれ相応の責任もかかることを覚えておかなければなりません。

責任という面では融資による資本金も同じで、たとえば親族や友人・知人にお金を借りて会社設立する場合、そこで得た利益がいくらかにかかわらず返済義務が生じます。
もしなかなか経営がうまくいかず、返済が厳しくなっても多少なら待ってくれるかもしれませんが、まったく返済しないなど誠意のない対応をしてしまうと大きなトラブルになります。
そして金融機関や国、自治体からの助成金・補助金などを利用する場合は返済を怠ると今後融資を受けられなくなりますし、返済義務も残りますからそのリスクを考えて利用してください。

最後に税金対策のために資本金とは別に資本金に計上しない資本準備金というお金もあって、これは出資者が払込した金額の半分以下なら適用できるお金で、たとえば1000万円用意している場合、500万円以下のお金を資本準備金とすることができます。