適正な資本金

会社設立の際に資本金の準備は誰もが頭を悩ませる問題ですが、ここでまず考えておきたいのは「適正な資本金はいくらなのか?」という点です。
現在、会社法では特定の業種を除いて資本金の最低額を設定していませんので、実質1円でも会社設立することが可能です。
旧会社だと株式会社は最低1000万円の資本金を用意することを義務付けていましたが、今はその規定も改正されなくなっています。
したがって経営者側はいろいろな観点から適正な資本金はいくらか見極める力を求められるのです。

適正な資本金を設定するためのポイントはいくつかあって、まずは運転資金にいくら必要か?という点があげられます。
会社の運転資金は絶対に必要になるお金なのでなければいけませんし、そこにプラス会社設立後の運営費も計算に入れておかなければなりません。
たとえば運転資金で資本金を使い切ってしまうと、もしうまく運営が軌道に乗らなかったら社員の給料も払えませんし、店舗を借りている賃料や光熱費なども支払えなくなります。
一般的に運転資金と最低でも3か月分の運転資金を用意しておくのが基本になります。

次に信用面から資本金を設定する場合もあって、これはできるだけたくさんのお金を用意しなければなりません。
資本金は信用度を示すお金だと言われますが、資本金は公開されているのでその金額によって会社に資金力があるかが分かります。
つまり信用をより高めたいのであれば多くの資本金を準備したほうがいいのです。

そして資金調達の手段によってだいたいどのくらい集められるかというところから考えることもできます。
この場合、事業内容や規模を決めてから資本金を設定するのではなく、資本金をいくら集められるかによって事業内容や規模を決めていくことになるでしょう。

このように資本金の金額はいろいろな角度から設定できますので、経営者の方は自分の思い描く事業の適正な資本金を理解して、スムーズな会社運営ができる準備をしましょう。