会社設立において縁起の良い日

 

会社設立をする時、縁起の良い日に設立するのが一般的となっています。日本ではそれぞれ縁起が良い日もあれば悪い日もあります。
会社設立をするのなら、そこはしっかり考えて設立するようにしてください。
実際に会社設立の資本金を集めたり、利益を出したりするためには、縁起を担ぐことも重要です。

もちろん、それだけで成功できるほど甘くはありませんが、どうせならしっかりと良い日を選んで設立するようにしてください。
まずは、どのような日が良いのかについて知っておくだけでも良いので、情報は頭に入れておいてみてください。

ここでは、主に縁起の良い日だけをまとめて紹介するので、これから会社設立を考えている方は、参考にしてみてください。
運気が上がれば、会社も軌道に乗ってくるかもしれません。
もちろん占いやスピリチュアルのような話になりますが、それでも運気はバカにできませんからね。

まず、日本で縁起が良い日と言われているのが大安です。
これは大きな安心や大きな安堵を意味しており、安定していて安心でき安泰という意味なども含んでいます。
会社を設立するには、大安がとてもおすすめだと言えるでしょう。
その他、先勝なども会社にとっては魅力が大きいです。

先に勝つという意味を持っていて、ライバルが多い日本市場はもちろん、外国市場で戦う時にも良いでしょう。
また、競争が激しい市場で先に勝つというのはとても縁起が良いものです。
こちらも会社設立にはおすすめの日だと言えるでしょう。

その他、友引などがあります。
これは良い仲間を引き寄せるという意味を持っていて、人材に恵まれることを表しています。
もちろん、意味は人によって受け取り方が違ってくるのですが、それでも会社設立には最適な日だと言えるでしょう。

さらに、日本では天赦日などがあります。
これは天が何でも赦してくれる日だと言われています。
つまり、何をしても上手くいくという意味を持っていると言えるでしょう。
その他だと、一粒万倍日などもあります。
これは良いことが立て続けに起こるという意味を持っていて、利益拡大や収益倍増にも繋がってくる意味があります。

より魅力的な会社設立にするためにも、ある程度良い日を選んで設立するのが良いかもしれません。
単なる占いやスピリチュアルの枠を超えませんが、それでも縁起を担ぐというのは古来からおこなわれてきたことです。
ぜひ、良い日を選んで設立してみてください。